小5 U・S君 56回目 『崖っぷちのポニョ』

本日は U・S君 56回目 の指導日でした。

大晦日も算数漬けの合格番長です。

今日は平常やりませんでした。

冬期講習で難しい『No.1 速さと比』の範囲の確認です。

もうすでに復習テストも終わっていますが、そんなの関係ありません。
僕の目の前で実際に解いてきっちり『比』が使えているか確認です。
案の定使えていなかったので、『比』で説明。

テキストの全問コメントが好評なので、今日もやります。

『冬期講習 No.1 Ⅱ講座 旅人算・速さと比』 の全問コメント

A-1 全部秒殺できるようになるまで訓練する。
時速⇔秒速の変換を「3.6」を使って一瞬でできるようになる。
A-2 出来ると思って、書かずに処理して間違えるパターン。頭の中で処理するほど賢くないです。
A-3 1問10秒で処理できる。
A-4 必ず式を書かせる。答えだけは絶対にダメ。
A-5 状況図必要
A-6 簡単やけど、状況図が必要。
A-7 簡単すぎるけど、絶対に状況図が必要。ここで状況図を書く練習をしておかないと、難しい問題で書けなくなる。
B-1 『比』を使わずに特性と続出。『速さの比』の範囲ですよ。「答えさえ合えばなんでもあり」の宿題のやり方はそろそろやめましょう。
B-2 状況図
B-3 状況図
B-4 状況図
B-5 状況図
B-6 状況図
B-7 状況図
B-8 状況図

状況図はこんなん↓

20141231-02

薄くて見にくい(;^ω^)

C-1 偏差値60ぐらいないと厳しいでしょう。しかし出来なくていいわけではありません。理解して欲しい1問です。
C-2 解説が不親切すぎて、見てもわからないと思う。この解説見てわかるなら、見なくても分かる能力の持ち主。
C-3 速さ+比合わせ
C-4 ダイヤグラムでも書いてごらん
C-5 。。。
C-6 速さ+比合わせ
C-7 小学5年生でここまでできるなら全く心配なし。灘中学狙ってるならできるよね?どう?

U・S君の場合は、5年生のうちはトコトン楽させてあげて、6年生で追い込めばいいと思ってある程度野放しにしてきました。
浜学園でのイベントもあまり受けてきませんでした。

そのせいで、甘えることを覚えてしまいました。
これはちょっと失敗。

ちょっと楽させすぎたと若干の後悔(;^ω^)

2015年は容赦なくスパルタでいきますよ。

甘えを許してしまったので、がけっぷちのU・S君
実力は十分にあるので、あとはテストで発揮するだけ。
次回の公開は3科50番以内に入れるようにあと2週間死に物狂いで頑張れ!

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. j より:

    全問コメントありがとうございます。これを参考に復習させます。
    B問題までしかしていないけど、頑張ってCまでさせたいです。。