小5 Y・Sさん 48回目 『浜学園 平常 No.4 分数(2),オリジナル(和差算)etc』

Y・Sさん
スポンサーリンク

本日は Y・Sさん 48回目の指導日でした。

Y・Sさんには、毎週わずかではありますが、宿題を指示しています。
宿題と言うのは、計算&漢字とその他演習教材の復習です。演習問題の宿題範囲は、事細かに1問ずつ指定しています。

指導時間は3時間なので、計算問題など基礎的なことを一緒にやっている時間はありません。よって、簡単な問題は全部宿題です。新学年での授業が始まって1ヶ月。今のところ頑張ってくれています。

計算と漢字は日々の演習が大切なので、毎日計算と漢字をするのは大変でしょうが、必ず報われる時が来ます!と信じています。。

僕が指導させていただいている生徒さんが、100%合格する秘訣は、毎日の計算と漢字にあると考えています。
よって、全ての生徒さんに、計算と漢字はやっていただきます。と言っても、本人が自発的に毎日できるとは思えないので、そこはお母さんの出番。勉強の管理はお母さんにしていただいています。中学受験にお母さんの努力は必要不可欠ですからね。僕はそのお手伝い。

では、本題に入りましょう。

今日は「浜学園 平常 No.4 分数(2)」をさせていただきました。

テーマ教材40分,演習教材1時間20分

僕は、Hクラスであろうと、Sクラスであろうと、B問題もC問題も必要と感じればクラス関係なく全てが習得範囲と考えています。
浜学園の学習計画表では、Hクラスはテーマまで、SクラスはB問題までと記載されていますが、それでは全然足りません。確かに復習テストの範囲は学習計画表のとおりですが、復習テストの為に宿題をしているのではありません。復習テストの先にある入試に合格するためです。言うまでもありませんよね。。。

HクラスだからってC問題をはじめから無視している人はいてませんか?
よ~く見てみてください。できる問題も混じっていますよ。

もちろんY・SさんにもC問題を解いていただきます。できないときは解説をして、徹底演習です。

今日解いたC問題は大問3まで。大問4以降は後日です。

解説をしていて、反応が乏しいときには顔色を見ればすぐにわかります。そのときは後日もう一度解説です。

具体的な問題をのせたいのですが、分数の表現が正確にできないので省略。。

残り時間は「和差算」の復習をしていただきました。

少し忘れかけていましたが、すぐに復活。セーフセーフ。

次回は差集め算の復習をしましょうねぇー

コメント