小6 U・R君 60回目 『5最レの復習してます』

本日は U・R君 60回目の指導日でした。

15:00スタート

『No.4 数の性質(1)』は『No.3 規則性』よりかなり取り組みやすい範囲です。
今週の出来具合はどうかな?

まずは宿題の確認からです。

 小6 No.5 数の性質(1) の確認

今日扱った問題はこちら

小6 No.4 数の性質(1)
B問題 3,9,10,11(3),13(2),14,15
C問題 1,3,5,6,7,8,9,10

約数の個数を公式で求める

約数の個数の求め方って、『T字型』で書き出して数えますよね。

しかし!ある教室のVクラスでは公式も教えているみたいなので、その公式の使い方も指導させていただきました。

90の約数の個数を求めなさい。

まずは 90 を素因数分解。
90=21×32×51(※解説の都合で『1』を記載しています。)
公式を利用
(1+1)×(2+1)×(1+1)=12(個)

「何でこの式になるか説明しようか?」

って聞いたところ、

「う~ん、、、、ややこしいから書き出すわ。。」

ってことなので、これ以上説明はしませんでした。
とんでもなく大きな数になると公式を利用した方が絶対に便利ですが、そんな数字は出ませんので書き出しで十分です。
Sクラスでは絶対に習わないようなことなので、こういうことを教えてくれるVクラスってやっぱり魅力的ですよねヽ(^。^)ノ

奇数列の和

下位層のお子様は、これが使いこなせない方が多いのですが、絶対に出来るようになってください!

1+3+5+7+9+11+13+15+17+19=

『19』は 10番目の奇数なので
10×10=100

『等差数列』で解いてもいいけど、上記の方法で解いてくださいね。

C-3(2) 37の倍数判定法

最難関校を目指すお子様には絶対に欠かすことのできない問題です。

しかし!模範解答の方法はちょっと、、、

ってなわけで、別の方法できっちり説明させていただきました。

別のブログで紹介します。

小5 最高レベル特訓 Ⅰ No.24

小5 最高レベル特訓 No.24 曲線図形(2)
Ⅰ講座 1,2,3,4,5,6,7,8,10,11,12

合格番長は何でもかんでもパターン分けしているので、もちろん『曲線図形』もパターン分けしています。
そのパターンをU・R君にガンガン叩き込んでいくだけ。

テキストに記載されている問題は基本問題ばかりなので、考えてどうこうするというよりは、全問考え方と説き方を覚えなければお話になりません。

この辺の範囲は半年前にやったところで、ちょうど苦戦していたところですよね。延長しまくって全問やっていましたが、全然覚えれていない感じ。

ちょっとヤバいな(;´・ω・)

201150308_03

全問やりたかったのですが、U・R君がダダをこねだしたの断念。

平常しか受講してないんやから、ガンガン復習して夏以降少しでも楽になるようにしようぜ!

今日の感想

平常は、予想通り先週のNo.3より良い出来具合でした。約2時間で出来たのでまぁまぁな出来具合。でも、最難関を狙うならもっと勉強して深く理解してもらわないとこの先厳しいぞ。

最近ダダをこねることが多くなって、早く終わりたいオーラが満タン。去年はもっと頑張れていたぞ!せめて3時間をもっと集中して、ダダをこねるのは禁止。

最難関校を受けるんでしょ?合格したいでしょ?

やることやろーぜ!!!

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク