小6  Y・D君 11回目 『洛星中入試対策特訓』

Y・D君(小6)
スポンサーリンク

本日はY・D君 11回目の指導日でした。

入試本番まで70日を切りました。

とは言っても、合格番長の感覚では、「まだ70日もある」という感覚です。70日もあれば、なんでも出来ますよ。算数の力もまだまだ伸びます。伸びなければ合格はありません。出来ないことをハッキリさせて、弱点を1つ1つ潰していけば十分可能性はあります。

一番ダメなのは、何となく宿題をやって、何となく出来たつもりになって、そのまま復習テストでパッとしない点数を取り続ける事です。

そこで思う事

「出来てるのかなぁ?出来てないのかなぁ??」

これでは不安ばかりで大した成果は期待できません。

合格はそんなに簡単ではありません。

さて、本日の内容で〜す。

第4回合否判定テスト

まずは、合否判定テストの間違い直しから。

算数1と算数2の偏差値は平均6561以上ありますので、点数的には問題無いのですが、内容はまだま不十分で、もっともっと鍛えなければならないポイントが見つかりました。

ここで大切なのが、

「偏差値も合格圏内だし、A判定だから大丈夫だろう。」

と思う事です。

A判定ほど危険な物は無いと思っています。所詮塾のテストでA判定が出ただけで、合格を約束されたわけではありません。

本日は、合否の間違い直しを通して、しっかり抜けている穴を埋めさせて頂きました。

浜学園 演習教材 No.33 図形の移動(2)

あともう少し平常が残っています。
『図形の移動』は作図をしなければならないので、一問一問がとても時間のかかる単元です。
しかし、ここを乗り越えなければ合格はありません。

この範囲で、
「難しい。分からん。。」
と根を上げるお子様が多いですが、合格番長は一言で解決です。
「図を書いてごらん」
この一言で、
「難しい。分からん。。」が「出来た!」
に変わります。
成功(解けた)体験がテスト本番でも点数につながりますので、そう容易くは教えません。

洛星中入試対策特訓

前々回より、洛星中入試対策特訓を実施させていただいていまして、本日で3回目になります。

洛星中入試対策特訓①『数』

洛星中入試対策特訓②『平面図形』

3回目の今日は『規則性』の単元です。

もちろんオリジナル教材です。

合否とは比べ物にならない難易度なので、難しいのは百も承知です。本番相当の難易度の問題を用いて、弱点補強です。

見た事の無い問題をどのように解き進めるか。

解けないと感じた問題をどのように打破するか。

などを伝授させて頂きました。

今日の感想

いつも通りの3時間でしたが、30分ぐらいに感じるぐらいあっという間に終わりました。
今の時期は、ガンガン解説するというよりは、具体的な問題を解いてもらいながら、学力向上を誘導する感じです。
やればやるだけ、「まだまだやりたい事はたくさんあるなぁ」と感じますが、残された時間は限られています。
合格を最短距離で掴みにいきます!

ランキングに参加しています。 
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
いつも押していただいている方ありがとうございます。
Y・D君(小6)
合格番長をフォローする
スポンサーリンク
合格番長の指導記録

コメント