【弱点補強】 Y・Sさん(仮) 3回目 『入試まであと60日』

前回の指導からかな~り時間が過ぎてしまいましたが、本日は3回目の指導日でした。

1回目

【弱点補強】 Y・Sさん 6時間一本勝負
本日は合格番長の予定表を見ていただいて、『お問い合わせ』からご連絡をいただいたお子様の指導をさせていただきました。 何回かのメールのや...

2回目

【弱点補強】 Y・Sさん(仮) 2回目 トップレ算数で水問題の復習
本日はY・Sさんが学校の代休を利用してお昼から来てくださいました。 前回の指導に続き2回目の弱点補強です。 今日のリクエ...

残り60日になって、算数の成績が思うようならずご連絡を頂いたので、本日朝からどのような状況か確認させていただきました。

朝の10:00~17:00までの7時間集中しどうです。

やっぱり『速さ』が不得意

本日の主訴は

「やっぱり『速さ』が苦手。点数が取れません。トップレの『速さ』はチンプンカンプン」

とのことでした。

トップレ後期になって難易度がグンッっとアップしています。

その中でも、算数が苦手なお子様にとっては、このトップレはとてもじゃないけど一人で解決することはほぼ不可能だと思います。

今年は、SWも無くなって「質問するところが無くなった」と聞きましたが、皆さんはどうされているのでしょうか、、、 おそらく、来年もSWは無いと思います。たぶん、、、、

おそらく、多くのお子様はひどい点数で放置になっていることでしょう ;∀;)

そんなトップレを前から順番に全確認させていただきました。

2016-11-04_03

1問7分で、タイマーが鳴ったら即解説です。

2016-11-04_04

解けていても、ただ答えがあっているだけで、全くダメな問題もあれば、できる問題もあったりします。

2016-11-04_05

出来たりできなかったりするのは、結局は「出来ない」ってことですから、一つ一つ重要項目を説明させていただきました。

難しいといっても、紐解いていくと使っているとき方は基本的項目の寄せ集めです。

何が難しいのか、どうやったら乗り越えれるのか、どの部分の知識が足りていないかを一つ一つ説明させていただきました。

2016-11-04_06

授業では口頭で終わらせてしまったり、模範解答に書いていない部分を一つ一つ式を書いて説明させていただきました。

何と言っても、横で色ペンを使いながら書いて言るので、家に帰ってからでも思い出すことができます。

2016-11-04_07

『場合の数(1)』も扱いました。

『速さ』のみで6時間連続は飽きてきますので、もう一つ苦手な『場合の数』も扱いました。

おそらく多くの受験生が『場合の数』を苦手としていると思います。

苦手と思う原因の多くは

「どうやったらいいかわからない。」

です。

中途半端に出来るお子様に限って『場合の数』を計算で解こうとして間違えてしまいます。

そして、なかなか点数が取れないので

「苦手」

って思いこんでしまいます。

『場合の数』は4年生の時は高い確率で正解するのですが、高学年になると不正解になることが多くて、苦手分野にしてしまいます。

なぜ、高学年になると間違いが多くなるのか。

その原因ははっきりしています。

4年生の頃は

「丁寧に書き出しなさい。順序良く書き出しなさい。」

と言われるで、問題を見て素直に書くのですが、

6年生になると、

「どうやって解くんやろ??式は?」

って考えて、とりあえずコンビネーション使ったりして間違います。

何の根拠もないのに、テキトウに式書いて計算するとか論外

『場合の数』の基本は書き出しです。書き出して、ルールを見つけて計算で解くのがセオリーなのに、全く書き出さずに、計算だけで処理すると間違えてしまいます。

『場合の数』の基本は書き出し

2016-11-04_08 2016-11-04_09

入試まであと60日

目標まで全く学力が足りませんが、そこを何とかするのが合格番長の腕の見せどころです。

去年、一緒に頑張ったH・Sさんも、この時期必死だったことを覚えています。

そんなH・Sさんも今では立派な神女生。

次回の算数のご予約と、社会の個別指導もお申込み頂きましたので、これで飛車・角がそろいました。

さぁ、最後尾からごぼう抜きできるか!?

2016-11-14_10

ありがとうございました。

お昼ご飯ありがとうございます。

2016-11-04_01

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク