小6 N・O君(仮) 阪星光学院中学への道 53回目

本日はN・O君の53回目の指導日でした。

入試本番まで1ヶ月を切って良い感じに緊張感が出てきて、

「今年もこの季節がやって来たなぁ、、、」

って思う今日頃です。

学校が短縮に入ったので、昼から合格番長名物『連続6時間算数』させていただきましたのでちょっとだけその様子をお伝えします。

 浜学園の教材で仕上げる

日曜志望校別特訓 星光・東大寺コース

12月1回目の宿題は先週ほとんど終わらせましたので、12月1回目の残りを1時間ほどで片づけて、残り4時間は12月2回目の宿題を扱いました。予習になってしまいますが、12月2回目の宿題をやる時間が無い上に、この時期は何でも与えられたものを解けるようにしていかなければならないので、予習も復習もそんなの関係無しです。この教材にはほとんど過去問が網羅されています。希学園の生徒も指導させていただいていますが、テキストに掲載されている問題はほとんど同じです。

で、肝心のN・O君の出来具合ですが、きっちり正解にたどり着ける問題は5割です(;´・ω・)

この時期は解き方にこだわるのではなく、下手でも正しい答えが出せることを最優先させます。多少下手でも正しく答えが出せればOKです。

たくさんの問題が解けるようになってきて、合格番長の解説はかつてに比べれば半分以下になっていい感じに学力が上がってきている半面、まだまだくだらない間違いが多くて雷が落ちっぱなしです(^_^メ)

平常授業 演習教材

最後、30分ほど時間を使って平常の復習もしました。

『No.20 速さ(1)』のC問題を目の前で解いてもらいました。

全問出来ると思いきや、、、

また間違える、、、(;´・ω・)

半年前に比べれば確実に学力が向上していますが、注意不足が治りません。

まだまだ演習量が足りないのか、、、

今日の感想

本日も6時間連続算数よく頑張りました。

まだまだ仕上がりとはいきませんが、結構いい感じで合格に近づいてきています。

この時期の合格番長の役割は、いちいち細かい解説をすることではなく、学力向上に必要な問題を選らんで、答え合わせとザックリした解説に徹します。もちろん解けない問題に関して細かい解説をしますが、いちいち細かい説明を受けなければならないようでは完全に学力が足りていません。

今日のN・O君はそんなザックリした説明でいけてましたので、いい感じに仕上がってきている証拠です。

どうにかこうにか入試当日に合格ラインギリギリに滑り込めるように仕上げていきますので、ラストスパート頑張りましょう。

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク