計算問題の解き方(部分分数分解)[訂正]

『部分分数分解』は基本中の基本です。間違い例も含めて正しい解き方を解説します。

基本問題①

よくある間違った解き方

下記のように通分する人がたくさんいてますが、間違えています。

通分してはいけません!!!

覚えましょう。

正しい解き方

正しい解き方が分かりましたか?

少しずつステップアップしていきます。

基本問題②

基本問題①と形は似ていますが、分母の差が「2」になっています。

覚えましょう。

解き方

これで、分母の差が「2,3,4,…」に変わってもできますよね。

次に行きましょう。

基本問題③

分母の形が変わって、分子が「2」に変わっていますが、考え方は同じです。

基本問題②のPoint!を使います。

 覚えるのではなく、考え方を身に付ける。

解き方

これで、『部分分数分解』の基本パターンの説明は終わりです。

次から応用問題に突入です。

応用問題①

最高レベル特訓の計算テストに出題された問題です。分子がバラバラですが、分母を見れば『部分分数分解』を使うのは明らかです。

解き方[訂正]

応用問題②

見た感じで『部分分数分解』であることは何となく気づきますよね。

分母の数が「2個→3個」に増えました。下記のPoint!を覚えましょう。

覚えましょう。

解き方

あとがき

毎日、計算テキストの添削をさせていただく中で、あまりにも間違った解き方で終わらせている人が多くて、目も当てられない状況なので正しい解き方をここに示します。

これ以外の方法で解いているお子様のお勉強は全く無意味です。

上記に示した解き方を身に付ければ『部分分数分解』は無敵です。

一度、お子様のノートを見ていただいて正しく解けているかチェックしてください。

添削指導について

合格番長がお子様の宿題状況を毎日添削させていただきます。

計算だけに限らず、塾のテキスト、過去問などの添削も可能です。

H29年度 添削指導始めます。
せっかく毎日やる計算なので「ちゃんとやりませんか?」 合格番長が添削で支えます。
やりましょう。
6年生の皆さん、毎日計算はやってますか? 先日、『サポート会員』の方から、 「添削をしていただけませんか?」 とご質問を頂きましたので...
ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク