【中学生】西大和学園 新生活スタート

昨年度、西大和学園中学の合格をお手伝いさせていただいたお子様の指導を中学受験が終わってからも継続して指導させていただいています。

私立中学は、入学するまでに課題を与えられます。西大和学園も例外ではありません。

数学は代数と幾何の宿題です。

幾何は図形のことです。

幾何は中学受験に比べたら超簡単で、新しい内容はありません。

でも、中学受験が終わって驚くほど知識が抜けていて、再度入れ直しです(;´・ω・)

「こんなんやった?絶対にやってへんわ~」

って言う始末(# ゜Д゜)

受験日がピークだったんだね(;^_^A

一方で、代数に関してはプラス・マイナスの概念が入ってきます。

これを習得するのにかなりの時間がかかりました。今でもちょくちょく間違えますが、ようやく分かるようになったって感じです。やれば誰だってできる内容なのですが、余りにもわからなさ過ぎて涙がポロリ(´;ω;`)ウゥゥ

学校側からすれば、「これぐらいは自前で何とかして来いよ!!」ってことなんでしょう。

新学校は進度が速いので、ある程度は本人の努力に任されている部分がたくさんあります。

とは言っても、浜や希などの塾に通っていた生徒の多くは、今まで塾に誘導されて勉強していたお子様が多くて、自分で勉強したことないお子様がたくさんいてます。そんな中学1年生がある日突然、『勉強』という名の大海原に放り出されても溺れてしまうことが多々あります。

ここで合格番長の出番です。

中学受験の時とは全く違ったスタイルで中学生の勉強を支えていきますヽ(^。^)ノ

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク