小6 T・U君(仮) 52回目 『灘中合格への道』

本日はT・U君(仮)の52回目の指導日でした。

今日で5月も終わりです。

合格番長の5月は、教育相談と個別指導の5月だったと言っても過言ではありません。

各種テストの結果が出るとLINEやメールでのお問い合わせをいただいてうれしい一方で、それだけ困っている人がいるってことで複雑な心境です。

本日も灘中に向けて算数の指導をさせていただきましたので、その一部ごご紹介させていただきます。

 今日の内容

今日も3時間ノンストップで確認作業と解説講義をさせていただきました。

やることが山ほどあるのですが、1つ1つ解決していきます。

マスターコースの質問受け

小6 演習教材 No.12 比・割合(4)
B問題
C問題 2,5,6,8

『No.12 比・割合(4)』のC問題が分かりにくいとの事でしたので、C問題を4問だけ解いてもらいました。

確かにNo.12のC問題は毎年質問が多い単元です。

問題を読んだだけでは解けない問題ばかりです。普段から条件整理をする練習ができていない人は太刀打ちできません。

商売の問題が解けない理由は、商売の問題が弱いのではなく、条件整理ができないってことです。

条件整理は全ての算数に通じることなので、算数の難問を解くにおいて条件整理ができないのは致命傷です。

合格番長の指導記録

小6 最高レベル特訓

小6 最高レベル特訓 No.14
I講座 6,7,10
II講座 14,15

見た目難しいですが、使っている内容はテーマ教材&演習教材と同じです。

最レの教材であっても、テーマ教材&演習教材と同じ

と分かる事が、難問を解くコツでもあり、灘中の問題を突破するコツです。

灘中の入試問題は難しいです。しかし、全て基本に忠実に解けば解けます。早く解くためにはかなりの訓練と多少のテクニックを必要とする問題もありますが、そんな問題はごく一部で、ほとんどの問題は基本通りです。

灘中を突破するために算数オリンピックの問題で鍛えたり、誰も解けないような問題を模試にして受験生にやらせる講師や塾がありますが、そんなのは全く必要ありません。そんな問題で楽しむレベルなら良いのですが、ほとんどのお子様は「何とか合格したい!」ってレベルなので、足元を固める事が大切です、!固めた上で、応用問題を解きまくらなければなりません。

合格番長の指導記録

難問集

毎回用意していただいている難問集です。
『場合の数』が多いように感じます。
今日は一問一問に時間がかかる重たい問題ばかりでしたが、前から順番に処理しました。
残った分は次回やりますよ。
合格番長の指導記録
合格番長の指導記録

今日の感想

本日も3時間ノンストップでよく頑張りました。

計算の多い問題や、条件整理の難しい問題など、あらゆる問題に触れましたが、全部自分で計算してよく頑張りました、(合格番長は横で電卓)

ここから夏休みまでの間は、大きな休みもなくただひたすら宿題を繰り返す毎日になります。

夏休みまでにもう一段階上のレベルに引き上げるために、灘中合格特訓の復習を考えています。

ラストスパートはまだもうちょっと先。

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク