【教育相談】本当にこのままでいいの?

教育相談
スポンサーリンク

本日は、小学6年生♀の受験生をもつお母様と教育相談をさせていただきました。

他にも同じような内容でお困りの方もいらっしゃると思いますので、ご相談内容の一部をシェアさせていただきます。

復習テストはそこそこ取れるのに、公開学力テストになるとダメ

合格番長が教育相談をさせていただく中で、これがダントツ一番多い相談内容です。

原因は様々考えれますが、一言で言うなら、根本的に算数が分かっていないということです。

何で復習テストの点数は取れるのか?

それは、暗記に頼る勉強をしているからです。

合格番長は以前から、「勉強は暗記」と何度も訴えていますが、何を暗記するのかを間違えていたら算数力は全く身に付きません。

暗記するのは、問題の意図,考え方,解き方,出題パターン,ひっかけポイント etc

全て暗記すればいいのですが、算数ができない受験生の多くは、各々の問題の解き方だけを覚えて数値替えの復習テストに望んでいます。暗記力のある受験生はこれで復習テストの点数がそこそこ取れてしまいます。Sクラスの復習テストならこれで80点は余裕で取れます。

しかし!ちょっと数字を変えられたり、ひねられたりすると太刀打ちできなくなってしまいます。

そこそこ取れてしまうのが落とし穴

Sクラスの復習テストならそこそこの理解で80点,90点,95点ぐらいとれます。時には100点も取れてしまいます。

多くの保護者は90点,95点で大満足してしまいます。

100点をとってきたときは本人よりうれしくなってしまいます。(心の中でガッツポーズしたお母さんいてませんか?)

これが落とし穴。

Sクラスで90点は取れて当然です。

だって、ただの数値替えですから。キレイな値が出るように工夫された復習テストですので高得点が取れて当然です。100点取れても全く不思議ではありません。宿題の内容が完全に理解できていなくても、解き方だけ覚えていけば数値を変えるだけのチョチョイのチョイです。

逆に言うなら、90点取れていなければ言語道断。

ただ塾に通って授業受けて何も分かっていないのと同じです。1ヶ月後に同じテストをやったらおそらく70点ぐらいになります。3ヶ月後にやってみたら50点ぐらいになるでしょう。この時点でほとんど役に立たないぐらいの知識レベルになっています。ちょうどそれぐらいに公開学力テストで出題されて、あやふやな知識で何の根拠もなく足したり引いたり、時には思い付きでかけ算をするので正解を出せるはずがありません。

そこで保護者は、

「復習テストはそこそこ取れるのに、公開学力テストでは取れない」

と言ったセリフが出てきます。

そりゃーそうでしょう。復習テストの時点でそこそこしか理解できていないんですから、公開学力テストで出題される頃は、正しい値を出すだけの知識が残っていません。

せっかく時間を費やして勉強したのに残念。

こんなもんでいいだろう。

これぐらいで高得点が取れるかな?

そろそろ気づいてください。運に任せるような勉強はやめましょう。

具体的にどうすればいいの?

宿題は完璧にするべき!

復習テストは100点をとって当たり前!!

SクラスであってもC問題までやるべき!!!

必須問題と選択問題があるなら、絶対に選択問題までするべきです!!!!

これはブログで何度も訴えているので、このブログを読んでいただいている方にはもう分かっていただけていると思います。

どの宿題も120%の出来具合で復習テストに臨むべきです。

宿題量が多くて全部できないなら、講座の選択を見直すべきです。

講座の選択について

宿題が満足にできないのに講座ばっかり受けても全く賢くなりません。

苦手分野は受験生1人1人全く違います。成績も理解度も全く違います。

これだけ覚えてください。

苦手分野は塾が何とかしてくれるのを待っていても克服することはできません。塾が1人1人の苦手分野を解決してくれるのではありません。苦手分野を克服するのは自分自身です。休日にイベントばっかり参加しても全く苦手分野の克服にはなりません。「何となく算数の力が伸びたらいいな♡」では絶対に伸びません。苦手分野をピンポイントで勉強する必要があります。

塾から言われるがままに講座を選択していたら弱点を克服する時間がありません。

国語が得意なら、夏期講習の国語は欠席して自宅で算数の時間にするべきです。

説明会に行くと

「○○中学を受けたければ、○○講座は必要」

と案内がありますが、必要なのは講座をとることではなく、弱点を克服することです。

講座をとって自動的に弱点を克服できるなら、みんな受講してみんな克服できてしまいます。

大切なのは、受講することではなく、お子様自身が弱点を克服することです。

出席=成績UP

ではありません。

成績を伸ばすためには『PDCAサイクル』

PDCAサイクルという名称は、サイクルを構成する次の4段階の頭文字をつなげたものである。

  1. Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
  2. Do(実行):計画に沿って業務を行う。
  3. Check(評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを評価する。
  4. Act(改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて改善をする。

※Wikipedia

これを受験生に当てはめると、

  1. Plan(計画):復習テストや公開学力テストを元にして苦手分野を把握し、苦手分野の克服計画を立てる。
  2. Do(実行):苦手な分野をまずは習わなければなりません。自分で解答を見て四苦八苦している時間はありません。塾で質問するり、個別指導で指導を受けた方が早いし確実です。
  3. Check(評価):お子様が弱点克服に向けて正確な勉強ができているか確認しなければなりません。克服できているかどうかは復習テストや公開学力テストの結果を見れば一目瞭然です。
  4. Act(改善):何度やっても苦手なままであれば、やり方が間違っています。おそらく、自分ではどうしようもない状況です。塾の先生に頼りましょう。

ありがとうございました。

GODIVAのおやつを頂きました。

お気遣いいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。 
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
いつも押していただいている方ありがとうございます。
教育相談
合格番長をフォローする
スポンサーリンク
合格番長の指導記録

コメント