小6 T・U君 65回目 『灘中合格への道』

本日は、T・U君の60回目の指導をさせていただきました。

8月もあと1日でおしまいです。充実した夏休みになりましたか?

日本一の灘中を狙う受験生は、ここからが勝負です!!スイッチをトップギアに入れて灘中合格をつかみ取りに行きましょう!!!

本日のご紹介

夏休み最後の指導内容をご紹介します。

No.26 柱体の求積

『高さ平均』はもう使えますよね?使えない受験生は要注意ですよ。いつでも使えるわけではないので、使える場合と使えない場合を理解していてくださいね。

C[3]の表面積を求める問題ですが、斜めの部分を求める方法がなかなか最初から思いつきにくいと思います。模範解答を見て理解してください。

C[9]やC[10]は応用問題ですが、解けなくていい問題ではないので、絶対に解けるようにしておきましょう。

合格番長の指導記録

夏期講習 男子最難関 算数A No.4 Ⅰ講座

速さの難しい問題がたくさん掲載されています。

難しいと言っても、使う知識は演習教材に掲載されている問題の発展です。

これぐらいの問題になってくると、模範解答を見て解けるようになることが大切ではなく、初見でどこまでアプローチできるかが大切になってきます。

速さは図が命

自分で図を書いて考える訓練をここでしてください。

合格番長の指導記録

夏期講習 男子最難関 算数A No.5 Ⅰ講座

1問あたり10分ぐらいかかる問題が複数掲載されています。10分ぐらい考えて分からなければ模範解答を見る。これぐらいの難易度の問題は入試本番で出題されることが予想されますので、全問理解することが当然です。

合格番長の指導記録

演習教材のように決められた解き方はありませんので、間違った方法でなければどんな方法で解いてもかまいません。最短距離で解けることも大切ですが、自分で鉛筆を動かして試行錯誤しながら自力で正しい答えを導き出すことが大切です。

合格番長の指導記録

夏期講習No.5の復習テストはありませんが、宿題は絶対にやるべきです。

どうしても時間が無ければ『算数A No.5 Ⅱ講座 場合の数』はパスしても大丈夫です。

今日の感想

本日もノンストップで3時間解説しまくりました。

新しく教えることはありませんので、持っている知識をどのように使うかを説明させていただきました。

灘コースでたくさんの問題を解いてパワーアップしていることが十分に伝わってくる今日この頃です。パワーアップしていると言えども、まだまだ難問には歯が立ちません、難問をどのようにして切り崩しながら点数をもぎ取るのかがこれからの課題です。

時間はまだまだあります。しっかり鍛えていきますので頑張っていきましょう!!

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク