小6 M・A君 8回目 能開センター春期講習の準備

本日は、M・A君の8回目の指導日でした。

花粉症でつらいのは変わりませんが、気候は最高の今日この頃です。

天気最高!気候最高!!

今日から『春休み特別企画』と称して、連続3回6時間集中講義です。

こんなに時間が取れるのはこの時期ぐらいしかないのでとても貴重な時間です。

今日も腰を据えて広く深く指導させていただきましたので、その一部をご紹介します。

今日はこんなことやりましたよ。

本日のメインは春期講習の準備です。

春期講習を受講するにあたって、テキストの一部を解いてくるように指示されているので、その部分を確認させていただきました。

春期講習 01 L57-67

難しいとされているL57-67ですが、ごくごく一般的な問題です。決して難しい問題ではなく、最難関を受験予定の6年生なら絶対に落とすことのできない問題です。

[3-2]に関しては、絶対に図を書かなければ解けない問題です。

とは言っても、普段から書き慣れていないと書けませんよ。

この時期はたっぷり時間がありますので、実践的な問題で訓練をするというよりは、このような良問でしっかり基礎学力の構築をすることが大切になってきます。

春期講習 02 L57-67

ダイヤグラムがテーマになっています。

入試では、このダイヤグラムを自分で書かなければなりません。

皆さんのお子様は問題を解くことばっかりに必死になっていませんか?

この時期に大切なのは、解くために必要な図を書く訓練です。

ダイヤグラムが書ければ解ける問題が一気に広がります。

算数が楽しくなります。\(^o^)/

春期講習は約3時間をかけて終えましたので、いつもの『算数大全』に戻ります。

算数大全 04 L57-67

前回の続き『商売の問題』です。

『商売の問題』が苦手な受験生がいてますが、原因ははっきりしています。

圧倒的に条件整理がヘタクソです。

条件整理がヘタクソな受験生は、金額や個数に単位を付けずに、問題文に出てくる数字だけを羅列するだけの条件整理なので解けるはずがありません。逆に、上手な受験生は下記のノートにあるように見やすい条件整理をしています。最初から上手に書ける受験生はいてません。誰しもが練習を重ねて上手になっていくのです。

合格番長の条件整理を真似すればどんな問題でも解けるようになるので、真似さえすれば解ける問題が増えて偏差値を上げることができます。見難いノートではありますが、ぜひ参考にしてみてください。

算数大全 05 L45-50

基本問題ですが、全問正解することはできませんでした。(;^_^A

塾の授業ではL57-67をメインに扱うようですが、まだまだL45-50をおろそかにできないので合格番長が徹底的に穴を探して埋めていきました。

どんな小さな穴でも開いていたら水は必ずもれます。点数も一緒です。知識の穴は徹底的に塞ぎます。

算数大全 05 L50-62

『差一定』『和一定』の解き方が分かっていなくてビックリ( ゜Д゜)

「分かっているはず」で終わらせるとホント危険です。

時間はたっぷりありますので、全部確認します。

合格番長が常に意識して指導&解説していることは、

問題が変わっても解き方&書き方を統一する

ことです。

100問あったら100問の解き方を指導していたら絶対に頭に残りません。同じ種類の問題は同じ解き方で指導しなければ混乱の元になります。

今日の感想

6時間指導の第1回目でしたが、昼休憩の15分以外はノンストップでやり終えることができました。

よく頑張りました!!

習ったことないこともたくさんあったようですが、頭に入れてちゃんと使えるところまで演習をして確認までさせて頂きました。「指導→演習→習得」までを完結することができました。

次回も6時間ですが、今日のような感じで頑張りましょう!!

お昼ご飯

昼食にお弁当をいただきました。

ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

いつも押していただいている方ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク