小6 M・H君 3回目 『オリジナル(概数,差集算)etc』

M・H君(小6)
スポンサーリンク

本日はM・H君 3回目の指導日でした。

今日は、前回見つかったら弱点(およその数)からスタートです。

「およその数」でまず始めにつまずくのが、

次の数は(  )の中の仕方で概数にしたものです。それぞれどのような範囲の整数であったかを求めなさい。
(1) 1800 (切り捨てで百の位まで)
(2) 3400 (切り上げで上から2けたまで)
(3) 4200 (四捨五入で百の位まで)
(4) 8200 (四捨五入で百の位まで)

上記のような問題。この問題ができて次に出てくるのが、

次の数は(  )の中の仕方で概数にしたものです。それぞれどのような範囲の数であったかを求めなさい。
(1) 2800 (切り捨てで百の位まで)
(2) 4200 (切り上げで上から2けたまで)
(3) 6900 (四捨五入で百の位まで)
(4) 5300 (四捨五入で百の位まで)

上記のような問題。

「ん?数字が変わってるだけで同じじゃない?」と思った方はいませんか?そう思った方は要勉強です。
「整数」か「数」で答えが変わってくるのです。

およそ30分ぐらいかけて、類題も作りみっちり特訓しましたが、明日になったらまた出来なくなってるんだろうなぁ、、、
次回もう一度特訓だ!!!!!!!

この範囲を苦手なまま、そのまま放置で6年生まで来てしまった人も多いのではないでしょうか?
今はまだまだ時間がある時期です。しっかり理解して、確実に解けるようにしておかないと、痛い目にあいますよ!!

今日は、差集算もやりました。
「余り○○」「不足○○」ってやつです。

こんなこと覚えている人は危険ですよ!
余りなら「+」、不足なら「-」
こうやって、機械的に覚えてしまうのは危険です。意味を考えて、分かって解きましょう。

ってなわけで、今日は「およその数」がメインの1日でした。

そろそろ、浜学園で先日行われた公開テストが返って来る頃ではないでしょうか?
出来具合はどうでしたか?偏差値や順位を気にするもの大切ですが、「何を間違えたか」をしっかり確認することが大切ですよ。

ランキングに参加しています。 
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
いつも押していただいている方ありがとうございます。
M・H君(小6)指導記録
合格番長をフォローする
スポンサーリンク
合格番長の指導記録

コメント