小6 M・A君 34回目 能開センター『時間はたっぷりある。焦るべからず!』

M・A君(小6)
スポンサーリンク

本日は、M・A君の34回目の指導日でした。

夏休みが終わって9月に突入です。刻々と入試が近づいてきていますが、お勉強は計画通りに進めることができていますか?学校が始まって体力的に厳しい日々が続きますが、ここを乗り換えることでより一層学力がアップします。

今日も合格番長は合格に向かって進めてきましたので、その一部をご紹介します。

今日はこんなことやりましたよ。

9月に突入してもやることは全く変わりません。

扱うテキストは、毎度おなじみの『算数大全』です。

9月からテキストの様子が少し変わっています。

とは言え、使いやすいテキストに変わりはありません。今までの総復習になっていますので、学習状況を確認しながら全問チェックしていきます。

算数大全21_45-50,45-57

『比と割合』で最も代表的な問題は『食塩水の問題』です。

『食塩水の問題』が出ればラッキーと思って得点源にしなければなりません。

それぐらいパターンが決まっています。

『食塩水の問題』の中でも、山中の山は『等量交換』です。絶対に逃れることができない問題なので、 解けないとかありえません!公開学力テストでも絶対に出るわけなので、このような問題を落としたらお話になりません。

算数大全21_50-62

この辺の問題は入試の小問でそのまま出題されてもおかしくない問題ばかりです。

9月なのでこれぐらいの問題をバンバン処理して力をつける必要があります。そのためにも、一発で合わせなければありません。間違い直しをして正解になったとか、解説を聞いて解けるようになったとかではなく、一発目で合わせなければなりません。多少解き方が下手でも一発で正解を出す訓練が必要です。その上で、解き方が下手であれば合格番長が修正します。

本人の申し出で45-50からスタートしたこともあって、57-67まで到達することができませんでしたが、ダブっている問題もあるので十分な学習効果を感じてもらうことができたと思います。

今日の感想

9月に入り、算数大全は復習に突入しましたが、まだまだ忘れていることがたくさあります。増えている知識もあれば、忘れてしまっている知識もあります。完全に忘れてしまっているのか、忘れてはい無いが頭の憶測にしまい込みすぎて出してくることができないのか。過去のノートを見返しながら、再度解説して頭に刷り込みなおします。徐々に難しに入試問題にもチャレンジしながら本番に向けてレベルアップしていきましょう!

ランキングに参加しています。 
皆様のお力が必要です。一日一回 ぽちっ とお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
いつも押していただいている方ありがとうございます。
M・A君(小6)指導記録
合格番長をフォローする
スポンサーリンク
合格番長の指導記録

コメント