小6 M・A君 48回目 能開センター「合否を分ける1ヶ月」

M・A君(小6)
この記事は約2分で読めます。

本日は、M・A君の48回目の指導日でした。

寒い!寒い!!

風邪ひいていませんか?そろそろインフルエンザが蔓延するころですが、予防接種はしましたか?塾ではたくさんのお子様が小さな部屋で授業を受けています。インフルエンザに罹患した小学生がいればすぐに蔓延します。予防接種は意味があるとか無いとか、いろいろ言われていますが、受験生とその家族の方は全員予防接種をすることを強くお勧めします。そして、万が一インフルエンザになったら塾に行くのは控えてくださいね。1週間ぐらい休んでも合否には全く影響しませんので自宅学習してください。

今日はこんなことやりましたよ。

これからは総合演習です。

特定の範囲の確認作業をしながら、過去の復習テストの間違い直しもしていきます。半年前に間違えた問題が解けるようになっています。ここで賢くなっていることを実感してもらいます。

確認テスト32

先週指導した内容の確認テストの出来具合を確認しました。

散々な結果だったので間違い直しです。答えがあっていても解き方がイマイチなところもあって、ほぼすべてやり直しました。

正解なら解き方はどうでもいい問題と、解き方までしっかりこだわって次に活かさなければならない問題を区別しながら指導をしていきます。

受験生の多くが苦手とする『数の性質』を再度復習しました。苦手分野は何度も何度も繰り返し演習します。

算数大全33_L50-62

[3]は難しい問題ですが、[11]は超絶基本問題です。レベル別に分けられているテキストがウリなのですが、結構難易度は混ぜ混ぜです。

どんな問題でも百戦錬磨の合格番長なので、サクッと解説してしまいます。


たとえ正解の答えが出ても、たまたま解けていたりすることがありますの、そこは絶対に見逃すわけにはいきません。解いたノートや解いている雰囲気を見て「なんでそうなるの?」と合格番長は必ず聞くようにしています。入試本番まで時間がないので、無意味な勉強をするわけにはいきませんからね。

今日の感想

残り指導回数のカウントダウンが始まっています。

まだまだ合格ラインを軽く超えれるような学力がついているとは言い難い状態です。簡単な問題を確実に解く力と、難しい問題も何とかねじ伏せれる学力をつけなければなりません。合格番長の調整力が問われているところです。

ここから入試まであっという間に駆け抜けていきますので、1日1日を大切にしていかなければなりません。入試前日までしっかりサポートさせていただきますので、絶対に合格を勝ち取るよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました