#07 馬渕教室に通うお子様の逆転合格大作戦!!

指導記録
この記事は約2分で読めます。

みなさんこんにちは

毎日算数の合格番長です。

「先生に教えてもらった図形がテストに出て点数がとれたよ~」

って報告してくれました。とてもうれしそうに伝えてくれて合格番長もとてもうれしいです。勉強した問題がそのまま出て点数になったら楽しよねヽ(^。^)ノ

やればやるだけ結果が出てくるのが合格番長の個別指導なので今日も頑張ろうね~

ってことで、今日も合格番長の熱血指導をしてきましたのでここでシェアしておきます。

まだ今の時期は単元別に学習する時期と勘がていますので、今日は『方陣算』です。

たま~に出題される『方陣算』ですが、絶対に点を取らなければならない分野です。『方陣算』が出題されたらラッキ~と思って欲しい分野です。

今日のスタート時点では、方陣算の解き方が全く分かっていない状況でした。

まじか(;^ω^)

もちろん『方陣算』にも解き方があります。決まっています。オリジナルで解くのではありません。

まずは図の書き方からです。

分かってない人は『方陣算』を見ると碁石〇〇〇〇〇〇〇を書きます。これを書き始めた時点でダメ~。

写真にあるノートの方法で解き方を修正させていただきました。

3時間のうち、2時間を使って『方陣算』を徹底的に叩き込みました。これで公開テストぐらいの問題なら絶対に点数が取れるようになりました。馬渕は9月にテストがありますので、それできっちり点数にしてもらいましょう。

そろそろ夏休みが終わろうとしている今日この頃ですが、有意義に時間を使えていますか?一度過ぎ去った時間は二度と戻ってきません。勉強の合間に休憩も必要と思います。勉強ばかりの夏休みもそれはそれで有意義な時間の使い方と思います。教育相談でも常にお伝えしていますが、

「やるからにはとことんやろうぜ!!」

中途半端にやっても中途半端な結果して残りません。

教育相談の際にはお子様の授業ノートや宿題ノート、成績表などの資料を参考にお話しさせていただきますが、あまりにも『塾に通っているだけ』『問題(宿題)を解いているだけ』の人が多すぎます。それでは成績は上がりません。

成績を上げるために必要なことは、まずは自分の弱点を知ることです。そして、その弱点を克服するための計画を立てて克服する方向へ向かう必要があります。自分の弱点を知ることなく、与えられた宿題をやっていて成績なんて上がるはずがありません。

お子様のためにお子様のための計画を計画をそろそろ考えてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました