小6 M・H君 43回目 『しっかり考えようぜ!』

M・H君(小6)
この記事は約2分で読めます。

本日はM・H君 43回目の指導日でした。

まずは1週間の勉強状況からです。

「勉強=暗記」と考える合格番長なので、どれぐらい解き方を覚えたかを確認するのですが、勘違いしたらダメですよ。誰も式を覚えなさいとは言ってません。無意味に覚えるなんてそんな面白く無い勉強は長続きしませんし、覚える容量に限界があります。覚えなさいと言うのは、解き方を理解しなさいと言うことです。

横で見ていたら、理解して解いているのか、わけも分からず覚えたことを書いているだけなのか一目瞭然です。

今日も怒りましたが、
今何を問われているのか、
自分は何を求めようとしているのか、
何でもかんでもすぐに聞かずに「考える」と言うことをしてください。横で見ていて全く考えていない気がします。

そして、もう少し集中しましょ。
お茶→トイレ→お茶→トイレ…
そんなに何回もトイレ行かなくて良いでしょ。お茶飲むからトイレに行きたくなるのよ。
そして、何か言うたらすぐに「でもな…」って言うのも禁止。くだらん言い訳を聞きに来てるん違うねん。

問題解くテンポも悪いし、休憩が多いし、すぐにオーバーヒートしてしまうし、もうちょっと集中してくれよ。横にいて、「早くしなさい。次しなさい。」何回も言うの辛いぞ。あまりにも進まないのでさらに辛いぞ_| ̄|○ そして、挙げ句の果てには無駄話で脱線させようとする。目の前の問題だけを解いてくれよ。

夏休みやし、明日から再度気持ちを入れ直して、別の方法に切り替えます。

題して「算数サーキット」←今考えました( ´ ▽ ` )ノ

解けても解けなくても1問3分で強制解説。「疲れた、しんどい、ちょっと待って」一切禁止。

どの程度効果あるか明日やってみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました