小6 M・H君 44回目 『通過算と流水算』

M・H君(小6)
この記事は約1分で読めます。

本日はM・H君 44回目の指導日でした。

昨日、決めた「算数サーキット」を「通過算と流水算」でさっそく実践です。
具体的な方法は
①3分 解く,考える
②3分 出来ても出来なくても解説
③0〜5分 再度解く
これをひたすら繰り返す。
途中5分休憩しましたが、3時間続けました。
全部で約20問ぐらいできましたが、あんまりいつもと量は変わらず。

う〜ん、、、

今日は一回目なので、途中からオーバーヒートしていましたが、続ければなれるでしょう。

ダラダラして3分の時間を無駄に使うことが多々ありましたが、時間をはかっていると自分がどれだけダラダラしているのか分かりやすくて良い!言って分からないなら、時計で見せるのが一番。

入試は時間との戦いです。これからも時間をはかってどんどん追い込んで行こうと思います。

成果が出るかどうかは夏終わりのBlogで取り上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました